秋の北アルプス1(アクセス編)


  会社の登山部で北アルプスへ行くことになり、10人パーティーで出かけました。
高速道路の諏訪湖を過ぎた付近から、土砂降りの雨で、こりゃ 温泉三昧かな
と思いながらひた走る。雨男は誰だ~・・・
 気圧配置と予想図からは、9時ぐらいから晴れそうなんだが・・・
八方尾根スキー場に到着、この頃から薄日が射し始める。
仕方ね~・・・登るか
八方池目指して、ゴンドラ・リフト二本で標高を稼ぐ。
1時間ほどで八方池に到着。途中でナナカマドの紅葉を撮っておく。
ホントなら、バックは白馬三山のはずなのだが・・・
とりあえず八方池は蒼く綺麗だった。ここで、早めの昼飯、ラーメンで宴会。
紅葉の北アルプス 八方池

 ここから登ること、二時間半で、唐松山草に到着。稜線に出たあたりから
霧に巻かれて、とにかく寒かった。山荘には3時頃に到着。
早速ビール、日本酒で宴会を始めるが、夕食準備で食堂は
追い出されてしまった。窓からは、時々ガスが切れて山が見えるので
とりあえず、唐松岳山頂へ登っておく。
 山頂からは、ガスの切れ間に不帰の嶮 が見える。
ブロッケンもお出まし・・・ 影唐松も出現。
霧流れる不帰の嶮 ブロッケン
山荘 夕日の唐松小屋
 ガスの向こうの夕日に黄色に染まる山々が綺麗だった。
この後は、完全に霧に巻かれて、夕日は不発。
御来光に備えて、8時過ぎには床についた。